HOME > プチアクアの生き物 > しましまバンブルビー

しましまバンブルビー

 

 各項目をクリックすると、このページ内の該当箇所へ移動します。

↓↓

 

 

バンブルビーフィッシュってどんな魚?


●東南アジアに生息する小型のハゼです。

大人になっても3cm程度にしかなりません。名前のとおり、蜂のようなしましま模様がチャームポイントです。


●汽水で飼育します。

バンブルビーフィッシュは海の水(海水)と川の水(淡水)が混ざり合う場所に棲んでいます。そのため、海水よりも塩分濃度の低い汽水で飼育をしましょう。


●寒い時期はヒーターを入れよう!

バンブルビーフィッシュは熱帯魚なので寒いのが苦手。観賞魚用のヒーターなどを使用して、水温約25℃くらいに温めてあげましょう。


●気が荒いので1匹だけでの飼育がおすすめです。

バンブルビーフィッシュは複数飼育するとケンカする場合がよくあります。ストレスから拒食症になったり、傷から病気になったりするので、1匹だけでの飼育をおすすめします。

 

バンブルビーフィッシュの飼い方

【スタート編】

@水槽の置き場所を決めましょう

 

置き場所のポイント

  • 水平で安定した場所に置きましょう。

  • 直射日光が当たらない場所に置きましょう。

  • エアコンの風が直接当たらない場所に置きましょう。

  • 電化製品の近くには置かないようにしましょう。

 

A水槽・ろ過装置を用意しましょう

プチアクアの容器は水量が少なく、水質や水温の変化が起こりやすいため、長期飼育には適していません。幼魚は1匹につき2リットル以上を目安に水槽や飼育容器を用意しましょう。水槽から飛び出すことがあるので、水槽にフタをしましょう。また、フンや残ったエサから発生する水の汚れをきれいにする、ろ過フィルターを用意しましょう。

 

B底砂、石などを用意しましょう

底砂はお好みで用意してください。ミネラルを供給する『プチマリンの砂』、水質をアルカリ性に保つ『プチアクアの石 ホワイトロック』がおすすめです。


軽く水洗いした水槽に、別の容器で水洗いした砂を入れ、石をレイアウトします。

※水洗いの際は洗剤を使用しないでください。

 

C汽水を用意しましょう

1/4海水の塩分濃度で飼育します。『汽水と海水の素』を使えば2リットルのペットボトルを利用して簡単に1/4濃度の汽水を作ることができ、カルキも中和することができます。カルキ抜きが入っていない人工海水の素を使用する場合は、カルキを抜いた水を使用して汽水を作ってください。秋〜春にかけては、あらかじめ観賞魚用ヒーターなどで水を約25℃に温めておきましょう。

 

D水合わせをしましょう

まず、用意した水とプチアクアの水温を合わせます。バケツなどを用意し、プチアクアの容器ごと水に浮かべておくのがおすすめです。まだ温まっていない水に浮かべてしまうと、プチアクアの水が冷えてバンブルビーフィッシュが弱ってしまうのでご注意ください。


次に水質を合わせます。プチアクアの飼育水を1/4ほど捨て、捨てた同量分、Cで用意した汽水を足し30分程静置します。30分経過したら、再びプチアクアの飼育水を1/4ほど捨て、汽水を追加します。これを2〜3回繰り返してください。

 

Eバンブルビーフィッシュを飼育容器に移しましょう

Cで用意した汽水を先に水槽に入れ、その後、バンブルビーフィッシュだけを水槽にそっと移してください。プチアクアの容器に残った水は捨ててください。

【日常管理編】

 

◆エサの与え方

 1日2〜3回、食べ残しが出ないように少量ずつ様子を見ながら与えてください。水質の悪化を防ぐために、食べ残したエサは取り除いてください。

 

おすすめのエサ

ひかりぷくぷくミドリフグ

 

・・・・小さめのミドリフグフグ向けのエサですが

バンブルビーフィッシュにも食べやすい大きさになっているためおすすめです。

 

 

◆水換えについて

 1週間〜2週間に1度、水換え用の汽水を用意して、総水量の1/4〜1/3程度を水換えしましょう。フンやエサの食べ残しが底砂の中に入っているため、底砂の掃除も合わせておこなってください。ろ過フィルターの掃除をする場合は、バケツに汲んだ飼育水で軽く洗いましょう。


※バンブルビーフィッシュの体調が悪い場合は塩分濃度が低いことが多いので、少し塩分濃度を高くしてみてください。

※水槽の飼育水が蒸発すると、塩分濃度が高くなるので、蒸発した分、カルキ抜きを抜いた水道水を足しましょう。

このページの先頭へ戻る