プチフグ

 

 各項目をクリックすると、このページ内の該当箇所へ移動します。

↓↓

 

 

プチフグってどんな魚?



●大きくなっても体長2〜3cm。世界で一番小さなフグです。

プチフグは『アベニーパファー』という世界最小の淡水フグです。


●淡水で飼育できます。

フグというと海の魚のイメージが強いですが、このプチフグは淡水域に棲んでいます。


●寒い時期はヒーターを入れよう!

プチフグはインド原産の熱帯魚なので、寒いのが苦手。

観賞魚用のヒーターなどを使用して水温約25℃くらいに温めてあげましょう。

 

プチフグの飼い方

【スタート編】

@水槽の置き場所を決めましょう

 

置き場所のポイント

  • 水平で安定した場所に置きましょう。

  • 直射日光が当たらない場所に置きましょう。

  • エアコンの風が直接当たらない場所に置きましょう。

  • 電化製品の近くには置かないようにしましょう。

 

A水槽・ろ過装置を用意しましょう

プチアクアの容器は水量が少なく、水質や水温の変化が起こりやすいため、長期飼育には適していません。1匹につき2リットル以上を目安に水槽や飼育容器を用意しましょう。水量が多いほど水質が安定します。また、フンや残ったエサから発生する水の汚れをきれいにする、ろ過フィルターを用意しましょう。

 

B底砂を用意しましょう

底砂はお好みで用意してください。有害なアンモニアを吸着する『カラーぷちサンド』がおすすめです。


軽く水洗いした水槽に、別の容器で水洗いした砂を入れます。

※水洗いの際は洗剤を使用しないでください。

 

C水を用意しましょう

水合わせに使用するため、飼育容器の水量プラス1〜2リットルの水を用意してください。水道水には消毒のため塩素が入っていて、魚にとって良くありません。一晩汲み置くか、『簡単カルキ抜き』で中和してから使用します。秋〜春にかけては、あらかじめ観賞魚用ヒーターなどで水を約25℃に温めておきましょう。

 

D水合わせをしましょう

まず、用意した水とプチアクアの水温を合わせます。バケツなどを用意し、プチアクアの容器ごと水に浮かべておくのがおすすめです。まだ温まっていない水に浮かべてしまうと、プチアクアの水が冷えてプチフグが弱ってしまうのでご注意ください。


次に水質を合わせます。プチアクアの飼育水を1/4ほど捨て、捨てた同量分、Cで用意した水を足し30分程静置します。30分経過したら、再びプチアクアの飼育水を1/4ほど捨て、水を追加します。これを2〜3回繰り返してください。

 

Eプチフグを飼育容器に移しましょう

Cで用意した水を先に飼育容器に入れ、その後、プチフグだけを飼育容器にそっと移してください。ケンカをしないように隠れるための水草や流木をレイアウトすることで、複数匹の飼育に挑戦できます。秋〜春にかけては、観賞魚用ヒーターを使用します。昼間暖かくても夜になると温度が下がる場合がありますので、早めに使用しましょう。

【日常管理編】

◆エサの与え方

1日2〜3回、食べ残しが出ないように少量ずつ様子を見ながら与えてください。水質の悪化を防ぐために、食べ残したエサは取り除いてください。


おすすめのエサ

乾燥赤虫

・・・・生きた赤虫の成分をそこなわないように凍結真空乾燥しているので、大変新鮮で栄養たっぷり。

 


◆水換えについて

1週間〜2週間に1度、カルキを抜いた水道水で総水量の1/4〜1/3程度を水換えしましょう。フンやエサの食べ残しが底砂の中に入っているため、底砂の掃除も合わせておこなってください。ろ過フィルターの掃除をする場合は、バケツにくんだ飼育水で軽く洗いましょう。

このページの先頭へ戻る